手汗が気になるあなたに

手汗って気になりますよね。仕事中に物を書くとき手がこもってしまい、紙がふやけてしまうなんてことはないですか。また、意中の彼や彼女とのデートのとき、手汗が気になって手がつなげない…という人も。

手汗を止めたい人のイメージ

手汗で悩んでいる人は結構多いようです。手汗を止める方法として、手汗専用のデオドラントが一番手軽で、取り入れやすい方法です。気になった時に付けるタイプ、夜寝る前に付けるタイプなど様々です。手汗を止めたいけど、都度都度塗り直すのは面倒…、手汗でデスクワークが集中できない…などシーンに合わせて使い分けられます。

おすすめ!手汗を止める専用デオドラント

商品 手汗専用デオドラントファリネファリネ 手汗用制汗ジェル フレナーラフレナーラ パースピレックス
製品タイプ パウダータイプ ジェルタイプ ローションタイプ
使い方 気になった時に塗る 朝と夜に手になじませる and 気になった時に塗る 夜塗って朝拭き取る
金額 2千円台(定期便初回) 5千円台(初回割引) 3千円弱

ファリネは、パウダータイプなのでべとつかず、デート前の気になる手汗や、仕事中の手元の蒸れを感じた時にさっと使えます。フレナーラは、朝と夜に手に浸透させます。手汗を止める効果が続くので、都度塗り直しをしなくても良さそうです。このファリネとフレナーラは、手汗専用なので、手荒れしないよう無添加だったり、天然エキスを配合していたりしています。お肌に優しいですね。とりあえず、すぐ手汗を止めたい!人は、この2つのどちらかをお勧めします。
デトランスαは、手と足専用です。足も汗で蒸れてしまうことってありますよね。男性だと、仕事場に女性のようにサンダルなんかは履けません。そんな手汗も足汗も両方気になる人は、デトランスαの商品がお勧めです。足のニオイも抑えてくれるので一石二鳥ですね。。

手汗の原因

手汗はどうして出るのか。それは、暑いとき顔や体から汗をかくように、暑いときに手から汗をかくのは体温を下げるための体の自然現象です。ただ、暑くないのに手汗が止まらなかったりすることはありませんか。その人は、多汗症の可能性があります。

手汗、多汗症のイメージ

あなたの手汗レベルはどのぐらいでしょう?

  • 軽度 手のひらが汗で湿っている
  • 中度 手のひらに汗の雫ができる
  • 重度 汗が流れ落ちるほど手のひらに汗をかく

軽度の手汗は、誰でも経験したことがあるのではないでしょうか。パソコンから出た熱で手汗が止まらず、なかなか仕事に集中できなかったりしますよね。ただ、軽度の症状だと、手汗用のパウダーやジェルで止められます。

手汗用って言うけど、脇汗用のデオドラントスプレーじゃダメなの?

デオドラントのイメージ

はい、答えはダメです。
汗は、「エクリン腺」と「アポクリン腺」という汗腺から出ています。エクリン腺は全身にある汗腺で、手は多くあると言われています。エクリン腺から出る汗は99%水分のため、ほぼ無臭です。一方、アポクリン腺は、ワキの下や乳輪、陰部などの特定部位にしか存在しません。また、このアポクリン腺は、脂肪、鉄分、アンモニアなど含んでおり、この汗が皮膚表面の細菌によって分解されると、臭いを発します。脇の制汗剤などは、このアポクリン腺のニオイを抑えるための成分が入っているので、むやみに手に使用すると肌荒れを起こしたり、うまく手汗が止められなかったりします。手汗には、手汗用の制汗剤を使用するのがポイントです。

では、手汗レベルが中度や重度の人はどうしたらいいの?

手汗レベル中度から重度のイメージ

中度や重度の人は多汗症の可能性があります。
特に、運動や暑さに関係なく汗が出てしまう人は、その可能性が高いです。暑さなどに影響する場合は、一度手汗専用のデオドラントを試してみるのも手でしょう。そうでない場合は、クリニックに相談する必要があります。

手汗をクリニックに相談するイメージ

ではなぜ多汗症の人は、運動や暑いわけではないのに汗をかくのでしょう。
多汗症の原因は、交感神経が活発に働くことで大量の汗をかくと言われているのです。では交感神経が活発に働くのはどんな時なのか?

精神的なストレス

緊張、不安、また恐怖心など、精神的なストレスを感じることで大量に汗をかいてしまうことがあります。

遺伝

精神的ストレスである緊張、不安などの性格が遺伝するため、多汗症の原因として遺伝が挙げられます。

ホルモンバランス

ホルモンバランスが乱れると交感神経のバランスも乱れてしまいます。女性は特にその影響を受けやすいです。

食生活

カフェインのとり過ぎや、油物、塩分の多い食事などの偏った食生活を続けていると、交感神経に異常が生じる可能性があります。

喫煙者

タバコに含まれるニコチンには、交感神経を活発にする作用があります。

疾患が原因

病気の症状の中には、多汗症が含まれている場合があります。例えば、バセドウ病、自律神経失調症、糖尿病、急性リウマチなどが挙げられます。

心当たりはあったでしょうか。多汗症の原因として精神的なストレスであることが多いようです。生活習慣の改善や、ストレスの少ない環境作りも手汗を止める大切な対策の一つです。

ストレスが少ない環境のイメージ

手汗・多汗症の治療方法

まず、軽度〜中度の人は、手汗専用の制汗剤を試してみると良いでしょう。
手軽にはじめられ、今は手に優しいタイプが出ているので、肌荒れも心配ないでしょう。
それでも手汗が止まらない場合は、薬やクリニックで一度診てもらうことをお勧めします。クリニックは、無料カウンセリングがあるので、一度専門家に相談してみましょう。

おすすめデオドラント[軽度〜中度人向け]

ファリネ

  • パウダータイプ
  • コンパクトで携帯に便利
  • 無添加でお肌に優しい

フレナーラ

  • ジェルタイプ
  • 塗布する場所が直接ではないので衛生的
  • 天然エキス配合でお肌に優しい

パースピレックス

  • ローションタイプ
  • 手と足兼用
  • ユニセックスなデザイン

多汗症お薬[中度〜重度人向け]

プロスパス

  • 多汗症の原因から抑えてくれる
  • 1日数回の服用でOK
  • 全体的な汗に悩まされている人

クリニック[中度〜重度人向け]

ガーデンクリニック

  • 汗の元から治療できる
  • 多汗症治療に力を入れている
  • 制汗剤を都度塗ったりなどの手間がない

ABCクリニック

  • 3万から多汗症治療が受けられる
  • 汗の元から治療できる
  • 院数が多い

参考になったでしょうか

手汗を止める方法をまとめてみました。手汗が原因で、物事に自信が持てなくなっている人もいるのではないでしょうか。
今は、たくさん対応策や、治療法があります。手汗が治ることで、一つ精神的ストレスからも解放されます。手汗対策で、仕事の効率を上げ、また大好きな人とのデートも、気にせず楽しみましょう!

手汗が止まりハッピーなイメージ

更新履歴