汗をかく仕組み

手汗のイメージ

人は、暑い時や、運動したときに体温調節をするため汗をかきます。
手汗も同じ原理です。体温が充分下がると、自然と汗は止まります。この汗が出る汗腺には、2つの種類があります。それが、「エクリン腺」と「アポクリン腺」です。
体温調整のために使われるのが、体の全身にあると言われる「エクリン腺」なのです。

手汗の原因となるエクリン腺とは

エクリン腺は、人間のほぼ全身の体表面にある汗腺です。人間が出す汗のほとんどはこのエクリン腺からの汗です。エクリン腺からの汗は99%水分のため、ほぼ無臭と言われています。
ただ、汗の出る仕組みは、体温が上がると汗の原料となる塩分を体に取り込み、そして熱を含んだ水分は汗となって排出されます。水分以外の塩分は体内に吸収されるのですが、これがうまくいかない場合に、排出された汗に塩分が多く含まれ、ベタベタしてしまい臭いの原因になってしまうこともあります。

局所的なところにあるアポクリン腺

アポクリン腺は、ワキの下や乳輪、陰部などの特定部位にしか存在しない汗腺です。アポクリン腺から分泌される汗は、脂肪、鉄分、アンモニアなどが含まれています。このアポクリン腺からの汗が皮膚表面の細菌によって分解されると、臭いを発します。これがいわゆる、わきがの原因臭となるのです。わきがや多汗症の治療では、このアポクリン腺を切除します。

なぜ汗腺が2つもあるかというと、アポクリン腺は、以前はフェロモンの働きがありました。人間の進化を遡ると、動物は自分と違う匂いに惹きつけられる本能を持っており、アポクリン腺から発せられる匂いで、相手を識別していました。
ただ、人間の嗅覚が退化し、性的シグナルが見た目と変わっていったことで、残ったアポクリン腺からの臭いが嫌われるようになったのです。