手のお手入れ方法

手のお手入れイメージ

手は男女ともに見ているもの。なるべく清潔に、そして美しく保ちたいものですね。身近なことできるお手入れ方法をまとめます。

手を洗いすぎない

手を洗った時、水分が蒸発するのと同時に手の潤いまで逃げていっています。もちろん、風邪予防などには手を洗うのは大事なことです。シーンを選んで、手を洗う回数を見直しましょう。日本人は潔癖性な人が多いので、少し手が汚れただけですぐ洗ってしまう人も少なくないようです。例えば、お菓子を食べた後などは、ウェットティッシュで指先だけ拭くというのも一つの方法です。

スキンケアをする

手も顔と同じようにスキンケアしてあげることは大切です。化粧水、美容液、乳液をつけると潤いを保てます。ただ、毎日忙しい中、なかなか時間が取れないという人はハンドクリームだけでも塗るようにしましょう。特に、夏場は保湿が必要ないからとハンドクリームを塗らない人も多いですが、夏こそ保湿は大事なのです。肌が乾燥してしまうと、紫外線のダメージが大きくなってしまうからです。季節に関係なく、手のスキンケアを行いましょう。

くすみを取り除く

スキンケアも大事ですが、すでに手のくすみがきになるという人も多いのではないでしょうか。そういう時は、ハンドスクラブをお勧めします。ハンドスクラブって、何だろう?と思う人もいるかもしれません。ハンドスクラブは、ザラザラとしたクリーム状のもので、手に乗せくるくるとマッサージした後に洗い流します。一番の目的は、古くなった角質を取り除くことです。手のくすみや黒ずみを綺麗にしてくれ、肌に潤いを与えてくれるのです。週に1度を目処に行いましょう。

手袋でカバーを

水仕事、運転時などは手袋をはめておきましょう。食器洗いなど、洗剤からの刺激は大きいのです。作業がしづらいなどありますが、今は専用のゴム手袋も増えてきて、滑り止めがきいていたり、薄く感触がわかりやすかったりと使いやすいものが増えています。 また運転時は、しっかり手袋でカバーして、紫外線から手を守りましょう。

手の印象は大事です。心がけでできる対策もたくさんあるので、きちんとケアしていきたいですね。

おすすめハンドクリームをご紹介します。手は体に比べて新陳代謝が5倍遅いそうです。日々の心がけに加え、スキンケアも徹底しましょう。